海外進出には日本と異なる経営体制が必要です

これから海外進出しようと思っているのならば、日本と同じような経営をするのはあまり良くありません。それぞれの国によって需要が違います。日本で人気があるからと言って、海外でもそのまま通用するわけではありません。

飲食店の場合、日本と全く同じ味で出しても現地で受け入れられるとは限りません。日本ならば箸を使う文化がありますし、すすって麺類を食べます。しかし、海外ではあまりすする文化がありません。麺類を提供する場合はその国の人が食べやすい形状にするなどの工夫が必要です。

現地の人を雇う場合も気を付けてください。日本人と同じように考えて接すると話が食い違ってしまい、うまく伝わらない可能性があります。自分の常識を相手に押し付けるのではなく、その国の人がどう言う人なのかを事前にリサーチした上で接すればスムーズに進むでしょう。

決して簡単なことではないので、どこの国を選ぶのか、その国の文化はどのようなものなのかを調べておかなくてはなりません。国が違うと国民性も変わるので、これまでの常識をいかに消して進出するのかがポイントです。事前にその国で調査をしておくなどして準備しておくと失敗することもなく、うまく展開できるかもしれません。

Copyright © k-kumagoro.com All rights reserved.