日本企業が勝ち残るために今できること

熊五郎です。これまで数ある企業の経営状況を見てきた私がみなさまの少しでもお役に立てるよう企業支援情報を提供するためのウェブサイトを立ち上げました。

グローバル化が進み、企業の競争活動は日に日に厳しくなっています。これまで日本国内の企業だけを相手に競争していたマーケットでも、続々と海外の大手企業が参入して日本の企業と競争をしている時代です。また、日本国内での市場は年々人口減少とともに縮小傾向が予想されていますので、それに合わせて海外への進出をしていかなければ世界市場で勝ち残れない時代になっています。これまでの販売促進活動やターゲットの絞り込み方では企業が勝ち残っていけない時代になっています。

企業にとって、マーケティングはとても重要です。経営者の戦略として、その企業が市場で勝ち残れるのか的確に判断するためにはターゲティングを見誤らないことが大切になってきます。他社の製品やサービスよりも自社の製品やサービスが例え優れていたとしても、マーケットに知られなければ購買には繋がりません。

また、ターゲットを見誤ると例え良い製品であってもニーズがなければ売ることが出来ません。将来的な購買層である若者へのアプローチをどの企業も重要視していますが、若い方になるほど、テレビに触れる時間よりも今やスマートフォンを触っている時間が長い時代です。マスメディアに頼る手法よりも、個別のニーズを把握したツールを使う方が効果的でしょう。

まず、SNSを使った販促活動は今やどの業種の企業も取り入れ始めている手法です。また、若者同士ではアプリツールを使ってメールよりもSNSで会話をする方が一般的ですので、そアプリを開発している企業と共同での販促活動を試みることも重要でしょう。また、仲間同士の口コミも若者は重要視します。ニッチな市場にも販路を見出すことが出来ますので、若者の口コミにアプローチすることは重要です。

こうした具体的な集客情報や経営の根幹にかかわる管理部の情報、経営についてなど有益な情報を提供できればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

編集長:熊五郎

Copyright © k-kumagoro.com All rights reserved.