見込客を呼び込むために重要な「MEO対策」

机でスマホを見る女性

店舗やクリニックなど、顧客にサービスを提供する場所まで足を運んでいただく業態で運営している場合、重要なことはどのようにしてそのサービスを提供する場所まで来てもらうか、ということでしょう。

ただ知名度があるだけではなく、実際にどこに店舗があるかということが分からなければ足を運んでいただけることはありません。そこで重要なのがMEO対策と呼ばれる、マップエンジンに対する最適化です。

MEO対策とは?

MEO対策を行うと、マップエンジン上、たとえばグーグルマップで検索した際に検索結果の上位に表示されます。ではなぜMEO対策が重要なのでしょうか?それには、マップを利用した検索であるという点が大きくかかわっています。

マップアプリを表示したスマホ

皆さんも一度は、お昼時にマップアプリを開いて「ファストフード」や「ファミレス」などと調べたことがあるでしょう。もしくは、退勤後に同僚らと飲み会を開くために、会社近くの駅名と居酒屋という検索ワードを入れたことがあるのではありませんか?その時、検索結果には何が現れたか、覚えていますか?今自分がいる場所から近い位置にある、検索ワードに即した店舗情報が結果として現れたのではありませんか。実際にその結果からよさそうな店を選んで利用した方もいるでしょう。

MEO対策がなぜ重要かというと、見込顧客が店舗のすぐ近くにいる、という点です。すぐ近くにいるだけではなく、提供しているサービスに一定以上の興味を持っている点も見逃せないでしょう。その時に適切なアプローチをすれば、苦労することなく顧客を獲得できます。そのため、店舗やクリニックなどを開業している場合は、特にMEO対策が重要と考えられています。人によってはほかのどのような集客対策よりも優先して行うべきだ、と主張していることもあります。

対策を行う先が増えました

今まではグーグルマップのみに対策をすると言っても過言ではない状況でした。マップサービスはグーグルが提供しているもののほかに、ヤフーが提供しているものもありましたが、ヤフーのサービスでは、ビジネス情報を登録できるのは医療機関など限られた業種のみであったためです。

ところが、ヤフーが提供するヤフー!プレイスがアダルト以外のすべての業種で店舗情報等を登録できるようになりました。これにより、ヤフー!プレイスへもMEO対策が必要となりました。

とはいえ、ヤフーの検索シェア率は決して高くありません。現在、日本では7割の人がグーグルを利用しています。そのため、やみくもにヤフー!プレイスへの対策をしても思っているような効果は出ないでしょう。特に若年層向けのサービスを提供している場合は、ヤフーでの対策はほとんど必要ないといってもいいでしょう。若年層はほぼ全員がグーグルを利用しているため、グーグルのマップアプリへの対策をしたほうが効果的であるためです。

しかし、サービスの対象が40代以上であれば話は変わります。ぜひ、ヤフー!プレイスでの対策を始めてください。ヤフーの検索シェア率は3割程度と言われていますが、40代以上であればいまだに数多くの方がヤフーを利用しています。特に高齢者はヤフーを使用する割合が高く、想定顧客に合わせたMEO対策が重要となります。

ヤフー!プレイスでMEO対策を行うなら?

マーケティング戦略を練るビジネスマン

実のところ、MEO対策そのものはグーグルマイビジネスであっても、ヤフー!プレイスであっても大した手間ではありません。しかしながら各社ともに厳格な規定のもとにサービスの提供にあたっています。自己流で行った対策が、かえってペナルティの原因となり効果が出ないという結果を生みかねません。そのため、MEO対策を行う場合は専門の業者を利用することをおすすめします。

MEO対策業者を選ぶのであれば、実績数が豊富なだけではなく、マップアプリに関しての造詣が深い業者を選びましょう。プロモストという会社が提供しているGlumaというMEO対策サービスは、公式サイト上にさまざまなマップアプリ関係のコラムを掲載しています。実績数も3,500店舗以上と非常に多く、多くの企業から信頼されていることが分かります。まずは、コラムを確認してMEO対策の重要性などを確認してはいかがでしょうか。

GlumaのMEO対策関連コラム一覧