EC発送代行とは?メリットとデメリットについて解説。

EC発送代行とは?メリットとデメリットについて解説。

近年、EC市場の拡大に伴い、EC事業者にとって発送業務は大きな負担となっています。 人手不足やコスト増加、配送品質の維持など、様々な課題を抱える事業者にとって、EC発送代行サービスは救世主となる可能性があります。

本コラムでは、EC発送代行の概要、メリットとデメリット、そして業者選びのポイントについて解説します。

1. EC発送代行とは?

EC発送代行とは、EC事業者から受注した商品の梱包、配送、返品処理などの業務を代行するサービスです。事業者は、商品の発送業務をアウトソーシングすることで、コア業務に集中することができます。

メリットの一部を下記に掲載します。

1-1. コスト削減

人件費:梱包作業や配送手配にかかる人件費を削減できます。

梱包資材:まとめて購入することで、梱包資材の費用を抑えることができます。

配送料金:複数の配送業者と契約している業者であれば、最適な配送方法を選択することで、配送料金を削減できます。

1-2. 業務効率化

発送業務(ピッキングや梱包)をアウトソーシングすることで、自社のスタッフは販売やマーケティングなど、コア業務に集中でき、注文データやシステム連携による作業効率化が可能です。

1-3. 最新設備・ノウハウの活用

最新の梱包設備や配送システムを導入している業者も多く、効率的な発送業務が可能であり、豊富な経験とノウハウを持つスタッフが、最適な配送方法を提案してくれます。

2. EC発送代行のデメリット

EC発送代行サービスを利用する際には、
以下のデメリットも理解しておく必要があります。

2-1. 柔軟性の制限

自社で発送する場合よりも、細かい指示が難しい場合があり、

梱包方法や配送方法など、業者によって定められたルールに従う必要があります。


2-2. コスト増加の可能性

業者によっては、初期費用や月額費用が思っていたよりも高額で

商品によっては、梱包資材や配送費用が高額になる場合がございます。

2-3. 品質管理への懸念

業者によっては、品質管理が十分に行われていない場合があり,

商品の破損や紛失などのトラブルが発生する可能性があります。

3. 業者選びのポイント

EC発送代行業者を選ぶ際には、まずその業者の信頼性と評判を確認することが重要です。これには、過去の顧客のレビューや評価をチェックすることが含まれます。信頼できる業者は、商品の適切な発送とタイムリーな配達を確保するでしょう。

次に、海外への発送をお考えでしたら、国際的な発送は複雑な手続きや規制が関わるため、経験豊富な業者を選ぶことが重要です。

価格とサービスの比較も欠かせません。安価な業者が必ずしも最良の選択ではなく、価格とサービスのバランスを考慮することが重要です。

また、カスタマーサポートが充実しているかどうかも確認してください。問題や疑問が生じた場合に、迅速かつ効果的に対応してくれる業者を選ぶことが重要です。

さらに、商品の保険や追跡システムの提供もあれば安心ですね。

最後に、自社のニーズに合ったカスタマイズ可能なオプションを提供しているかも確認しましょう。

また、通販商品・リピート単品や、卸・小売店に向けての発送代行業務までトータルでサポートをしてくれる会社もあります。日本屈指の拠点エリアを持ちプロの視点からEC発送代行サービスをしてくれる通販部流のサイトはこちらから。

是非ご参考にしてみてください。

4. まとめ

荷物を運ぶウィング大型トラック

EC発送代行は、EC事業者にとって様々なメリットをもたらすサービスです。メリット・デメリットを理解した上で、自社のニーズに合った業者を選ぶことが重要です。