ブリジストンの製造工程に導入されたAI

ブリジストンは日本が世界に誇るタイヤメーカーとしてその名を馳せ、企業としての総合力は世界一と言っても過言ではありません。その世界に冠たる企業が、他社では真似のできないAI製造システムを導入することに成功しました。

ものづくりに携わる企業の多くは、深刻な人手不足に悩まされる傾向にあります。その課題を克服するとともに、人工知能を駆使したシステムを成形工程に導入することで、生産性向上・人員削減・多種多様で高品質なタイヤづくりを現実のものとしました。それがエクサメーションと呼ばれる成形設備で、数え切れないほどのセンサーが設備の中に備わっているのが特徴です。

人工知能は状況を把握し、常に最適な状態で高品質な製品を作り続けます。検査の工程で不具合があれば、その原因を究明し自身の持つ知能で改善するという離れ業をやってのけます。それが人工知能の持つ最大のメリットであり、究極のものづくりと言われる所以でもあります。

タイヤは、自動車やバイクのエンジンから生み出されるパワーを路面に伝える重要な役割を果たします。いくらエンジンの性能が良くても、タイヤの性能が悪ければ良い走行はできません。海外の企業が台頭するタイヤ業界で、生き残りをかけ世界一の座を守り抜くために完成させた新システム。そこから生み出される製品の良さを、しっかりと見極めていきたいものです。

Copyright © k-kumagoro.com All rights reserved.